語学留学に行く前にやっておきたい3つの準備

留学には高い費用を払って行きます。現地に滞在できる期間も限られています。短期留学なら尚更、現地についてからの時間をできるだけ無駄にしたくはありません。有意義な留学生活をおくるためには、事前の準備をしっかりと行う必要があります。

語学留学に行く前にやっておきたい3つの準備

留学の準備として大きく3つに分けて紹介します。完璧にする必要はありませんが、出来る限りのことはやっておくといいです。

現地のことをできるだけ詳しく調べておくことで語学を安心して学ぶことができる

観光地や治安、気候、交通手段など、現地のことをできるだけ詳しく調べておきましょう。インターネットで調べることができます。現地についてからの行動や、生活をシュミレーションしながら調べると、必要なことがだいたい網羅できます。

現地のことをできるだけ詳しく調べておくことで語学を安心して学ぶことができる

せっかく留学に行くのですから、観光ははずせません。効率よく回るために日取りや順番を決めたり、割引などもチェックしておきましょう。事前予約がないと入場できないところもあります。治安が悪い場所もあるので、事前に調べ、行かないようにしましょう。

イギリスのロンドンなどは、9月でもコートが必要なくらい寒くなります。気候は日本とは違い地域それぞれのものがあるので、服装などの準備のためにもチェックが必要です。

交通手段は、どうしても戸惑う部分があります。言葉の壁があると、尚更不安になります。現地に行ってからでないと分からない部分もありますが、主に使うことになりそうな交通手段を調べておきましょう。

語学留学に対してどのくらいのお金を何に使うのかを決めておく

必要な費用はあらかじめ決めておきましょう。観光や食事など、友人とのつきあいで、留学期間のはじめの方でお金を使いすぎてしまい、後半で苦労をするなんてことがないようにしたいものです。

物価が日本とは違うこともあります。想定していたよりも、食事代が高くて予算オーバーしてしまう、ということもあります。滞在する地域の物価や、観光費用などはあらかじめチェックしておきましょう。

お金はまとめて持って行くことがないよう、準備も必要です。現金で持って行く分と、クレジットカード、キャッシュカードなど3つくらいに分けておくと安心です。もちろん。3つをまとめてひとつの財布に入れるのではなく、バラバラの場所に入れていきましょう。

お土産代も忘れてはいけません。意外と出費になるのがお土産代です。荷物が多くなりすぎると、帰りの飛行機で荷物が重量オーバーになってしまうかもしれません。その辺も考えて量を調節しましょう。

ヒアリングとスピーキングに重点をおいた語学の勉強をできるだけやっておく

語学留学に行くのですから、語学の勉強は現地についてからでいいと思っていてはいけません。ある程度自信があっても、現地で聞く言葉を理解できなかったり、こちらの話が伝わらなかったりで戸惑うことがあります。

ヒアリングとスピーキングに重点をおいた語学の勉強をできるだけやっておく

日本で聞いている言葉と現地の言葉ではだいたいギャップがあります。方言なども理由にありますが、1番は日本で聞く言葉は日本人に分かりやすく話されているからです。

PR 筋トレに効果的!?
 マッチョになるサプリが話題

日本人の発音は、どうしても日本語なまりになってしまいますし、ネイティブの先生なども、わかりやすく、はっきりゆっくり話してくれます。現地ではそうはいきません。

留学前は、ヒアリングとスピーキングに重点をおいた語学の勉強が必要です。よく使う言い回しや表現はチェックしておいて損はありません。伝わらなかったり、伝えたいことをうまく表現できなかったりすると、口数が少なくなってしまいがちです。

せっかくの留学ですから、たくさん聞いて、話しての練習をして、語学の勉強の場にしたいものです。