語学の勉強をするなら毎日続けることが大切である

語学の勉強をしたいと思ってはいても、毎日忙しくて時間が確保できないと思っている人は多いです。本当にそうでしょうか。時間をつくるために最大限の努力をしていないのに、時間がないと言っている人がほとんどかもしれません。

また、満足のいく成果を出せないまま、勉強をあきらめてしまうひとは、モチベーションを保つための努力ができていないのかもしれません。

勉強時間を確保するためには何かをやめる

勉強をはじめる前までの生活と同じ生活をおくっていては、時間が確保できないのはあたりまえです。時間を確保するには、これまでにやっていたことを何かひとつやめる必要があります。

自分の生活を振り返り、これはなくてもいいだろうと思えるものをピックアップしてみて下さい。テレビを見る時間、スマホのゲームをやる時間、朝の二度寝の時間など、省いてもいいものが見つかれば、その時間を勉強にあてるようにします。

言うのは簡単ですが、実行するのは難しいかもしれません。なので、やめると決めたことは、もう簡単にはできないように設定をしてしまいましょう。

テレビは失くしてしまうのが1番ですが、コンセントを抜いておく、くらいにしておきましょう。スマホゲームはアンインストールしたり、目覚ましを、布団からでないと届かない場所に置くなど、工夫をしてみて下さい。

勉強を続けるモチベーションを保つために

語学を続けるためのモチベーションを保つためには、その言語を使ってコミュニケーションをとれる友人をつくることが1番です。国際的なボランティアに参加してみて下さい。観光案内やホームステイの受け入れ、日本語教師など、簡単に外国人と関われるボランティア活動はたくさんあります。

休日に月1回でもいいです。自分の獲得した語学の能力を試せる場があると、モチベーションを保てます。上手くコミュニケーションができればうれしいですし、自信にもつながります。上手くいかなければ、力不足を認識してもっと頑張ろうという気持ちになれます。

友人をつくることができれば、ボランティアに参加しているときだけでなく、日常生活でも語学力を試せる場ができます。自分の環境を国際的にしていきましょう。