語学をやるならどの外国語がいいの?

外国語がぺらぺらと話せたらかっこいいですよね。旅行に行っても役に立ちますし、日常生活で使うこともあるかもしれません。ビジネスでも活かせます。

せっかく勉強するのですから、これから先、たくさん使えるものがいいのですが、どの言語がいいでしょう。絶対にコレ、というのが決まっている人はいいのですが、決まっていない人は悩むかもしれません。どの言語がいいでしょう。

学びやすい上に使う機会が多いのが英語

今までも学んだことがあるものとして英語があります。英語は世界でも共通語のように使われることが多いため、使う機会が圧倒的に多いです。

今まで学んだことがあるからこそ、英語は他の言語に比べて学びやすいです。「言語を学びたい」という意欲を持っているのですから、英語にそれほど苦手意識はないのでしょう。さらに勉強をしようということになっても、入っていきやすいのではないでしょうか。

英会話スクールなどもたくさんあり、国際的なボランティア活動でも英語を使う機会は多いです。ビシネスでも、色々な国と英語でやりとりをしています。

国内にいても、留学しているかのような環境をつくって勉強に打ち込めるかもしれません。教材や検定試験なども、充実しています。スクールに通わなくても、書店に行けばレベルの高い教材を購入することができます。

話せる人が少ない言語を話せる人は重宝される

英語は学べる場所も多く、使う機会も多いです。その分、日本でも流暢に英語を使える人はたくさんいます。英語を使える人材は、豊富にいるということです。その中で活躍するには、激しい競争に勝たなくてはいけないかもしれません。

語学を活かして活躍したいのであれば、話せる人が少ない言語にフォーカスをあてるのもありです。日本でその言語を話せる人が少なければ、競争も楽になります。自然と活躍できる機会も増えるというものです。

中国語や韓国語など、アジア圏の言語もねらい目です。近いだけに交流も深く、観光やビジネスの面で人の行き来も多いです。日本で活躍したいのであれば、こうしたアジア圏の言語のマスターを目指してもいいかもしれません。

また、語学は外国語だけではありません。日本語を改めて深く勉強するのもまたおもしろいです。古典などは、単語や発音、文法なども現代のものとは違い、外国語のように感じられます。