語学をやるには留学は必須なの?

大学生や専門学生の間では、短期留学をする人が増えています。短期留学であれば、アルバイトなどで費用を賄うことも十分に可能です。

ですが、仕事や家庭の都合などで留学ができない人もいます。費用だって、アルバイトで準備できるとはいっても、ポンと出せるような金額ではありません。留学をしなくても、語学に堪能になることは可能でしょうか。それとも、やはり留学は必須なのでしょうか。

留学すると身をもって体験することができる

留学をすると、現地で生きた言葉を学べるだけでなく、日本に居てはなかなか体験できないようなことを自分の身をもって実際に体験することができます。テレビで見たり、話しで聞いたりするのとはわけが違います。感動が違います。

とても印象に残りやすいので、留学先で学んだことは覚えやすいです。覚えたことを使う機会にも恵まれているので身につきます。

ですから、留学をすると「手っ取り早い」と言えるかもしれません。否が応でも現地の言葉を使わなくてはいけませんから。たくさんの学びや感動がありますが、精神的に辛くなることもあるかもしれません。

日本人の知り合いもできるかもしれませんが、あまり一緒にいる時間が長すぎると、せっかくの留学なのに日本にいるのと環境が似てしまいます。たとえ相手が日本人でも、現地の言葉を使うといい練習になります。

国内でも学べるチャンスはたくさんある

仕事の休みがとれなかったり、家をあけるわけにはいかなかったりすると、短期といえども留学なんて行っていられない、という人もいます。留学すれば、手っ取り早く語学の勉強ができますが、日本にだって、学ぶチャンスはたくさんあります。

一番おすすめなのはボランティアに参加することです。外国人と交流があるボランティアです。観光案内をしたり、日本語を教えたりと、外国人と関われるボランティアはたくさんあります。外国語を練習するいい機会になりますし、外国人の友人ができます。

コミュニケーションをとれるようになると、語学の勉強がどんどん楽しくなります。ボランティアのもう一つのいい所は、お金がかからないことです。儲かりはしませんが、こちらが学べる場としても、英会話スクールなどとは違ってお金がかかりません。